2008年09月08日

ベルサイユのばら

ジュリアナ東京」が
一夜だけの復活を
したそうです。

ジュリ扇片手にボディコン
姉さんがたがお立ち台で
狂喜乱舞したようですね。

で、登場人物と舞台設定で
決して煌びやかさでは
引けを取らないこのアニメ!

ベルサイユのばら」OP&ED
再放送でしか見たことは
ないのですが、
当時すでに大人だった私は
この原作者の池田理代子氏の
物語の展開力に素直に
感心しました。

フランス革命という史実に
虚実を見事にフィットさせ、
まったく違和感を感じさせない。

しかも最後の悲劇を感じさせ
ながらも、そ予想を上回る展開で
感心どころか心底感動しました。

またOP・EDともに
ほんとうにこの物語に
相応しい素晴らしい楽曲です。
ラベル:アニメ アニメ
posted by ミヤッチ at 20:57| Comment(0) | ヒロイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。