2008年08月13日

バビル2世

子供のころ
憧れませんでしたか?
超能力者に!

念力で物を動かしたり
テレパシー
人の心が読めたりしたら
どれだけ楽しいだろうと!

バビル2世」はそんな
無邪気な子供心を満たしながらも
超能力者が本当に
幸福なんだろうかと
少し考えさせられました。

途中で宿敵の
ヨミが超能力の
使い過ぎで老化して
死んでしまいました。

これにはちょっと
驚きましたが、
やっぱりロデム・ロプロス
ポセイドン
の3つの僕を
従えることができるのは
大変な魅力でした。

でも後半のバビルカー
なんかはちょっと
違和感を感じましたけど・・・ふらふら
ラベル:アニメ 水木一郎
posted by ミヤッチ at 21:29| Comment(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。