2008年08月09日

ドボチョン一家

今日も妖怪シリーズで
いきましょう。

といっても
今回は海外編。
しかもギャグなんで
怪談って感じではありません。

幽霊城のドボチョン一家

主役は一応、西洋の三大妖怪(?)
ドラキュラ、狼男、フランケンシュタイン。
彼らの織りなすナンセンスギャグが
笑えました。

特にドラキュラ伯爵は
なぜか名古屋弁

現在でさえ全国区ではない
名古屋弁が、
30〜40年前に
主役級だったのは
ある意味凄いことです。
(ちなみにこのオジサンが
演ってました。by カレーのCM

で、ドボチョンの意味
なんですが・・・
わかりません!
なんなんでしょう。

意味はまったくわかりませんが
なんだか雰囲気で
意味がわかるところが
驚きですが。

本家本元は

Groovie Goolies

”乗り乗りのオバケ達”
とでも訳すんでしょうかね。
ラベル:アニメ 幽霊
posted by ミヤッチ at 12:03| Comment(0) | 海外アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。